ページトップへ

| さつまホーム社長ブログ

ブログ社長

 

みなさんこんにちは、さつまホームの新留です。

今回は、幸せの引き寄せ法則をお話しします。
こんな話聞いたことがないなんて言われる方かもしれませんが、少し考えてみてください。

人によっていつもあの人は、暗い顔をして不幸を背負った人の様だとか、逆にあの人の周りにはいつも人が集まり幸せそうにしているとか、そんな人いませんか?
その人はいつも同じような状態です。豊かな人はさらに豊かになるのです。

そこには幸せを引き寄せる法則があるのです。私もそれを実践して頑張っています。人生で問題が無いわけではありませんが、幸せを感じています。

1つ目は、体の状態を作ることなのです。

たとえば試してください。上を向いて泣くことはできますか?タコのように体をくねらせて力を抜いて怒りの感情を上げることはできますか?スポーツで優勝したとき、小さな声でうつむいてやったーと言いますか?

実は、幸せの体の状態を作ることで気持ちが大きく変わるのです。幸せのポーズの基本は、胸を広げ空気をいっぱいに吸って「やったー」と言った、そんな状態なのです。
ポーズをするのに何も理由はいりません。体の状態を作ることが大切なのです。そうです、胸を開き顎をあけて口角を上げ、“アントニオ猪木の口”を作ることなのです。体の状態が上がることが一番目なのです。理由はいりません。

2番目が、過去の感謝すべき記憶を思い出すことです。

人は暗くなるのは、過去のマイナスの記憶を思い出すことが多いからなのです。
大人になると、過去の失敗事例に学び挑戦をしなくなります。何もしないことで安全だと感じるのです。それは、過去の不幸な記憶によって、また同じ結果で得る痛みに対する恐怖で『何もしない』という選択になるからなのです。それを改善するために一番良いことは、過去の感謝した記憶を思い出すことなのです。
日常に感謝している人は、たのしいかうれしいという記憶が感謝とともに記録されていき、幸せな状態になるのです。

実は幸せを引き寄せる基本的なことというのは、自分自身を幸せ状態に置くことなのです。

こんなこと信用できないと思われる方は、幸せな人を見てください。
きっと健康的でいつも感謝の言葉を発しています。ぜひ試してください。

記事一覧 | 2014年4月