ページトップへ

| さつまホーム社長ブログ

ブログ社長

今回はタイミングとスケジュールについてお話しします。
何の?! …もちろん『家づくり』のです。

実は、今が本当にタイミングと考えます。
できれば、家づくりセミナーに参加して詳しく知っていただきたいのですが…
今回はその点についてポイントをお話しします。

家づくりをここ一年で考えている方々は、今がタイミングです。このようなことを書くと営業的に聞こえるかもしれませんが、たぶんこの時期を外すと次回のタイミングは再来年と考えます。
それはなぜか?その理由は大きく2つあります。

1つ目が消費税の問題です。
正確な情報を書くと、10%へUPする話は、法律として確定しています。もし変更するとなれば法改正が必要です。確かに景気が上向きという条件がありますが、具体的なことは今のところありません。
実は、円安が進むと一時的に輸出産業の景気が良くなります。輸入は、ダメージを受けますが景気に影響するまでには時間がかかります。したがって、よっぽどのことがない限り消費税は上がります。

現在の8%で住宅を建てるためには、来年3月末までの請負契約成立か9月末までに引き渡しを受けるかのどちらかになります。消費税のUPの時期が近づくと、駆け込み需要が高まり、職人・業者すべてが忙しくなります。そのため価格も少々高くなります。急いで完成を目指すと工期が延びたりミスも増えることになります。土地を探して建築する人にとっては、購入者が増えると地価も上がりますし、希望の土地も手に入れにくくなります。
私はこのような立場ですので、勘の良い人がそろそろ動き始めたなと実感しています。急がなくて良いので、まずはこのタイミングで自分たちのスケジュールを立てるべきと感じています。

2つ目は円安です。
円安は住宅価格を間違いなく押し上げます。なぜならば、円安に入ると輸入品の価格が上がることになります。実は住宅に使用される材料は輸入品が結構多いのです。

これが今の現状です。
まさに今が『家づくりのタイミング』と言えると思います。営業的なようですが、本当に今が重要な時期ですので一度考えてみてください。

記事一覧 | 2014年9月