ページトップへ

| さつまホームブログ

ブログスタッフ

初めてお会いしてから1年以上経って遂に着工いたしましたA様邸のご主人から興味深い新聞の切り抜き記事をいただきました。

記事の内容はといいますと:

九州大学の研究グループが天然の国産スギの家と合板などの新建材の家とで

住み心地に差があるのかどうかの比較実験を行っているというものです。

その家で生活する中で脳科学、生理学、心理学の観点から人へどのような影響を及ぼすかを調べた結果、

特に天然材の家では脳が疲労から回復しやくす、体も活動的な状態になるという結果に至ったとのことです。

科学的に突き詰めてもきちんとこの様な根拠が示されているということなんですね。

体に優しいとはこういう事を言うのではないのでしょうか。A様お心遣い有難うございました。


記事一覧 | 2013年10月

  • 1 /
  • 2 /

1ページ (全2ページ中)