ページトップへ

失敗しない間取り・デザイン | 無添加住宅さつまホーム

失敗しない間取り・デザイン

家づくりの
進めかた
失敗しない間取り・デザイン

間取りの前に考えておきたいこと

これからを建てようとされる方にとって、最も力が入るのが間取りではないかと思います。でもちょっと待って。家づくりイコール間取り作りだと考えていませんか?

もしそうだとしたら、それは大きな失敗につながりやすい考え方です。なぜなら家というものは、必要な部屋を組み合わせれば出来上がるわけではないからです。

間取りを考える前に、確認しておかなくてはならない大切な要素は次のようなものです。

 

 

1.土地の形状

土地の形状や環境は、間取りと切り離せないもの

家を建てようとする土地が、狭い土地か広い土地か、傾斜地であるか平坦地であるか、住宅密集地域であるかそうでないか、東西南北のどの方向に向かって開けているか、など、土地の形状や周囲の環境に応じて、それにふさわしい間取りというものがあります。

現代において三拍子揃った土地というのはなかなか見つからないもの。しかし、たとえクセのある土地でも、設計の力でその土地に適した間取りをつくることができれば、個性的な良い住まいができます。逆に土地の性格を無視して間取りを考えると、住み心地がよくない上に余計な経費がかかることもあります。

 

 

2.光の通り道・風の通り道

光をどこから採るか、風をどう通すかを  まず考える

土地を見る時に設計士が必ず確認するのが、どこから光と風を取り込むかということです。光の射さない家、風の抜けない家は暗く淀んでしまい、体にも心にもよくありません。

三方を家に囲まれ、正面にも道をはさんで家が建っているといった土地でも大丈夫。中庭やコートテラスを設けて上からの光を取り込む工夫をします。間取りを考える際には、この光と風の通り道を妨げないことがとても重要です。

 

 

3.周囲の環境

家の中の間取りだけでなく、周囲の環境もよく見て

南側に大きな窓をつくり、明るい家をつくりたい。そうおっしゃる方がよくおられます。けれど周囲を見た時に、南側は建てこんでおり、逆に北側の眺望が素晴らしいという場合だってあります。そういう時にはその眺望を活かした方が、お得かもしれません。また道を通る人の視線や騒音、匂いなどへの配慮も必要です。
 

北側の眺望を生かした例(箕面市Y様邸)

 

4.構造と外観

強い構造が導き出す美しい外観と間取り

構造をどうするかも、間取りにとって重要な要素です。下の図のオレンジの線は、耐力壁の位置を表しています。耐力壁とは、筋交いという部材によって補強された壁のことで、地震や強風による水平方向の荷重を受け持ちます。2階建て、3階建ての場合、耐力壁の位置が上下で揃っていると、耐力壁の数が同じでも建物の強度が増します。この、壁が上下で揃っている度合いを「直下率」という指標で表し、大きいほど強い建物になります。

直下率は、少なくとも50%以上確保することが望ましいと言われています。ちなみにさつまホームでは、直下率70%を目安にプランのご提案を行っています。強さにこだわって設計された建物は、自然に美しい外観を纏うようになります。

 

 

5.生活動線

同じ家族でも家の中での動きはみんな違います。お母さんの動きはキッチン、洗濯室、浴室などに、子供たちは子供部屋、リビング、ダイニングに、お年寄りは自分たちの居室、リビング、ダイニングなどに、それぞれ集中しがちです。これらの動線がぶつかり合わないようにすること、また、それぞれの生活動線をできるだけ短くすることによって、暮らしやすい間取りになります。

たとえば洗濯室が1階にあり、干すのは2階のベランダ、アイロンをかけるのは1階で、クロゼットは2階の寝室となると、主婦にとっては重労働。日に何度も洗濯をするお宅ではなおさらです。間取りを考える前に、家族の生活動線をぜひ確認しましょう。

 

 

 

家族全員が満足するプラン作りのコツ

間取りの前に考えておかなくてはならないことは、おわかりいただけましたか?
それではいよいよ間取りも含めた家のプラン作りに入っていきましょう。
家族が仲良く暮らすために家を建てるのですから、プラン作りも全員で楽しく行いたいもの。どのようにすればうまくプランをまとめられるのか、その方法をお教えしましょう。

 

 

家族それぞれが優先順位をつけ、希望をリストアップする

家族全体での優先リストを作ることで、つくりたい家の姿と満足度が明確になります。

家を建てる時には家族みんながそれぞれの希望をぶつけがちです。しかしそれでは決定権の強い人の希望を中心に採用した家が出来上がります。そこで次のようなことをしてください。

step1 家族全員がそれぞれの希望をリストアップする。

step2 家族会議を開く

step3 今度はそのリストをひとつに合わせて、家族全員の優先順リストを作成する。

この話し合いは家族全員が賛同するまで存分に行ってください。そうすることで家族間での意思の疎通を促し、この意思の疎通が後で生きてくることにもなります。必然的に、リストの上には外観や何階建てか、どんな間取りや素材にするかといった、大きなものの条件が来るはずです。そして下に行くほど細部の条件が多くなっていくことと思います。そうなれば予算に応じて下位から削除していきます。

家族みんなで同じ家の理想像を具体的にイメージできることは、周囲の意見にフラフラしないというメリットもあり、敬遠される優柔不断な施主の決断力のなさも解消します。

 

さらに詳しく知りたい方へ

「住まい設計相談会」にいらっしゃいませんか?

間取りについてプロに相談をしてみたい方、デザイナーのアドバイスが聞ける「住まい設計相談会」に参加してみませんか。さつまホームでは、デザイナーとの設計相談を定期的に開いています。土日は忙しいという方のために平日も開催しています。

日程を確認する

 

 

みんな悩みから選ぶ
みんなの悩み一覧