ページトップへ

天然石屋根材、クールーフ | 無添加住宅さつまホーム

家づくりの
進めかた
自然素材の基礎知識

天然石屋根材、クールーフ

近年、屋根材といえば、人工スレートが主流です。この材料はセメントと石綿です。
石綿はアスベストではないのですが、両方とも構造的にはよく似ていますので、体にいいはずがないと思われます。
そこで、天然素材の屋根ができないものかと国内外で探しました。
自然な美しさと耐久性を兼ね備える天然玄昌石は、生産するのに二酸化炭素を排出せず、再利用ができ、残材は土の中へ戻せます。

スペインとフランスの間にアンドーラという国があります。
ピレネー山脈の高地に位置する自然に恵まれた環境と、豊富な天然粘板岩が産出する地方ゆえに、現地の家の屋根がすべて天然石で葺かれているのです。
しかも築後300年経った家でもまったく美観を損なわず存在し続けるのを見て、「これだ」と思い、日本で石を葺いてみたのです。試行錯誤を繰り返し、釘で止めるのではなく、石を引っかける独自の工法を考えだし、これにより、石葺きを可能にしました。
しかも石葺きのすき間を利用して、屋根部の熱を自然の風力で自然換気することで従来の屋根以外上の涼しさを実現。さらに、天然石だから一切メンテナンス不要です。それが無添加住宅オリジナルの省エネ屋根システム[クールーフ]です。


無添加住宅のもうひとつの屋根材・磁器タイルは、1300℃以上の高温で焼き上げた硬質タイル。
高温焼成のため釉薬も飛んでしまっていて、硬さや質感は石に近いものになります。
天然石と同様、耐久性は抜群。
こんなエコロジーな材料を使って、親子代々にわたり再利用していけば、使い捨て日本を変えていけるかもしれません。