ページトップへ

神戸・三田 里山モデルハウス | 無添加住宅さつまホーム

神戸・三田 里山モデルハウス

施工例 &
モデルハウス
神戸・三田 里山モデルハウス

 

里山住宅博 in KOBE 2016

 

 

さつまホームと、グループ会社のグッドホーム大阪は「里山住宅博 in KOBE 2016」に出展しました。
それぞれ1邸ずつモデルハウスをご予約にてご見学いただけます。

モデルハウス公開 & 販売中

里山住宅博として1月15日までモデルハウス公開し、その後は出展中のモデルハウスはすべて販売され上津台の町の一部となります。
現在はご購入に関するお問い合わせ、お申し込みを受付中です。ご購入を検討されるお客様へは予約制にてモデルハウス見学をご案内しております。さつまホームのモデルハウスにご興味をお持ちの方はぜひお問い合わせください。

 


 

10号地モデルハウス「無添加住宅 〜土間のある家〜」

 

 

 

 

 

 

モデルハウスの見どころ 

1. 天然石を敷き詰めたゆったりポーチ。

2. 木製でも断熱性の高い玄関ドア。

3. 玄関を入るとまず出迎えてくれるのが、遠くの山までスーッと視線が抜けるピクチャーウィンドウ。

4. 空を見上げながら2階へと続くオリジナルのアイアン製螺旋階段。

5. 天然石の土間に置いてあるのは、薪ストーブではなく「ペレットストーブ」です。

6. リビングへと続く土間はお子様の遊び場所?それともご主人の趣味の場所?

7. ホールから1段下がると、土間、LDK、ウッドデッキがフラットなひとつながりの空間に。

8. キッチンの後ろには4枚扉。カップボードがまるごと隠せるので印象もスッキリ。突然の来客でも安心!

9. オリジナルの木製キッチンで使っているのは、床や備え付け家具、室内ドアと同じ「オーク」。

10. 屋根もあるので何かと便利なウッドデッキ。アウトドアリビングとして使えます。

11. 杉のパネル材を加工して作った、大工さん手作りのオリジナルダイニングテーブル。

12. 作り付けのカウンターはお子様のスタディスペースにぴったり!リビング学習の場として大活躍!他にも奥様の家事スペースなど多目的に使えます。

13. 階下を見下ろせばゆったりとした土間が。吹き抜けの上部には大きな窓を設けて開放感抜群。

14. アイアンの螺旋階段を上った先には家族で使える多目的カウンター。吹き抜けによって階下とやわらかくつながり、家族の気配をいつでも感じられます。

15. 将来、ご家族が増えた時、壁を作って部屋を2つに分けられます。

16. ゆったりとした主寝室。カウンター付きで書斎としても使えます。

 

建物詳細
特別販売価格 3,680万円(税込)
間取り 2LDK(※こども部屋は将来2部屋に変更可)、フリースペース(2階)
土間、ウッドデッキ、駐車スペース2台
敷地面積 197.18㎡ (59.64坪)  
延床面積 116.31㎡ (35.18坪)  
1階床面積 62.90㎡  
2階床面積 53.41㎡  
床材 オーク(無垢材)  
壁・天井 漆喰(しっくい)、一部杉板張り
樹脂サッシ、Low-E複層ガラス
販売価格に含まれる設備 造作家具、外構

 

周辺環境・アクセス 
梅田方面 「三田」駅までバス15分
JR「三田」駅から「大阪」駅へ快速で約40分
三宮方面 「三田」駅までバス15分
神戸電鉄「三田」駅から「三宮」駅へ約41分(谷上で北神急行に乗換え)

※交通の所要時間に乗換え・待ち時間は含みません。

アクセスマップ

→Googleマップで開く

 

 

グループ会社のグッドホーム大阪でも、モデルハウス特別販売実施中!

グッドホーム大阪 モデルハウス

21号地 「里山びおハウスH」

詳しくはホームページをご覧ください

 


 

 

里山住宅博とは

 

「里山住宅博in神戸」は、2016年6月11日より神戸市北区上津台で開催されています。
先行して建築された建物は、約半年間モデルハウスとしてご見学いただき、その後に販売されます。

里山イメージスケッチ

 

 

全戸が「里山付住宅」

 

里山住宅博の一番の特徴は、敷地以上に広い「里山」を所有できることです。
分譲区に隣接する広大なエリアを里山として街全体で共同管理し、里山のある暮らしが実現します。
自然を感じ、緑を感じ、四季折々の草花を楽しめる他、里山では果物などの収穫も計画されています。このような計画のあるプロジェクトは日本で初めての取り組みです。
日本の郊外住宅は、ベッドタウン(寝に返る家)と呼ばれ、利便性が強調されてきました。
今は、都心のタワーマンションが人気だけど、住まいは、人がリフレッシュできる場所、子どもが育つ場所です。財産としての「持ち家」ではなく、住まう場所としての「郊外」の見直し。ポテンシャルとして「里山」を蘇らせます。
街区は建築協定と設計ルールによって、環境を保持します。斜面の里山は、街区に住む人たちの持分共有地になります。これが「里山住宅博」のゆえんです。共有里山スペースには、季節の収穫が愉しめる果樹五木を植えます。

果樹五木

全区画分の里山トラスト17,677,65㎡(5347.49坪) 
1区画当たり 平均93.81坪の共有地【入会(いりあい)地】付き

 

 

 

 

家は、一生遊べる。家をホビーの場にして、余暇を創造に変えよう
工務店と職方による
「木の家ベストセレクション」が集まります

 

職人の手

工務店と職方が造る、木の家。強・用・美を統合した、新時代の木の家。
ハウスメーカーの家は、住宅展示場に行けばまとめて見ることが出来ます。
それに比べて、工務店の建物を一堂に見られる機会があまりにも少ないのが現実です。
一社一社が、「これぞ工務店がつくる木の家だ」という建物をつくります。いわば「木の家ベストセレクション」です。工務店の建物が一堂に見られる機会はほとんどありません。木の家を見比べるまたとない機会です。

 

 

 

百年集落をつくる

 

上津台・街区断面図(スケッチ/田瀬理夫)

上津台・街区断面図(スケッチ/田瀬理夫)

百年生き続ける集落街区を生む前提となるのは、〈緑化〉をはじめとする、〈まち〉づくり計画のクオリティの高さです。私たちは各戸バラバラに計画するのではなく、統一感を持った街区を生むため、ランドスケープの専門家である田瀬理夫氏に計画を依頼しました。

 

下は、街区で守る外構コードの一部です。

・駐車場は混植生垣で限りなく3面を囲まれるように務める。
・建築にまつわる給排水管(地下埋設物)は軒下のルートを原則とする。
・建築基礎工事、駐車場、舗装工事などで発生する残土は敷地内で処理する事を原則とする。

img02

 

断面図  

この絵は、田瀬理夫さんによる宅地の計画図です。緑の外構計画が、家と家の緩衝地帯になり、付かず離れずの独得の距離感を生んでいます。閉ざす外構でなく、開きつつ距離を保ち、お隣とは垣根越しのおしゃべりがはじまり、緑を介して行き来もはじまります。子どもにとっては、もっと距離感が縮まり、緑を縫って走り回ることでしょう。

今回の計画敷地の平均面積は57.54坪、上津台団地の中で見ても、決して広いわけではありません。逆に、広くないからこそ、こんな街区計画が求められる、というのが田瀬さんの考えなのです。

“里山”は、手入れを前提とする森であり、光が地面にとどく森でした。村人によって、里山の下草や落葉は堆肥に用いられ、樹木は定期的に伐採されて、薪や炭にされました。しかし1960年以降、化石燃料が用いられ、堆肥は化学肥料に駆逐され、里山の経済価値は失われました。それに拍車を掛けたのは、1960年代以降の急速な団地造成でした。里山を壊すことに依る、新たな”経済価値”の誕生です。それ以降、人が手を入れなくなった里山は荒廃し続けて今に至ります。

荒廃した里山の回復はどうしたら可能なのでしょうか。それは、里山近くに住む住人が、生活と健康の森として再生することです。コンクリート・ジャングルの都市では得られない郊外ライフが、里山の復権を促します。

街区北側に沿った「里山散歩道」を、イーズメントと名づけました。そこから里山に下る置階段を、何カ所か設けます。コンクリートで固めた階段ではなく籠状のものです。手すりには、もともと生えていた竹を使います。
里山には、果樹五木を植えて、季節毎の収穫を楽しみます。

 

 

田瀬理夫

緑のディレクター

田瀬 理夫
たせ みちお

 

プランタゴ代表。造園家。1949年東京都生まれ。73年千葉大学園芸学部造園学科(都市計画・造園史専攻)卒業。‘73〜’77年(株)富士植木勤務。‘77年ワークショップ・プランタゴを開設。’78〜‘86年SUM建築研究所の一連の集合住宅プロジェクトに参加。’90年〜(株)プランタゴ代表,’08より農業生産法人(株)ノース代表を兼務。東京芸術大学非常勤講師。

【主な仕事】
コートハウス国立、アクロス福岡、アクアマリンふくしま、BIOSの丘、地球のたまご、日産先進技術開発センター、5x緑、味の素スタジアム西競技場、現代町家など住宅外構、クイーンズ・メドウ・カントリーハウス馬付住宅(馬100頭)プロジェクトなど。

【主な受賞歴】
日本造園学会賞[らんの里堂ヶ島](‘95)/エコビルド大賞[アクロス福岡](’02)/環境情報センター賞[都市のエコロジー復活を目指す環境建築](‘02)/SB05 サスティナブル建築賞[地球のたまご](’05)/日経BP技術賞、グッドデザイン賞など。

※このページの情報はすべて里山住宅博のオフィシャルWEBサイトからの抜粋です。

 

 

里山住宅博 in KOBE 2016 の公式WEBサイトはこちら

里山住宅博 in KOBE 2016