ページトップへ

取締役会長 新留 勇男 Isao Niidome 大阪・兵庫で漆喰・無垢の注文住宅。さつまホームのスタッフ紹介。

会社案内スタッフ紹介

取締役

取締役 会長 新留 勇男 Isao Niidome

取締役 会長 新留 勇男 Isao Niidome

さつまホーム 新留 勇男

皆さんに、我が社の会長をご紹介します。 昭和8年生まれ、生涯現役の会長は、私たちの会社の理念の主です。

鹿児島出身の会長は、7人兄弟の長男として生まれ 中学を卒業すると大工の修行に中学時代の成績は優秀で進学を勧められるが、大家族を支えるために職人の道へと進む。本人曰く「勉強は嫌いだった」というが読書好き研究熱心である。

早くから地元を離れ大阪で仕事をする。大手建設会社では、大工のまとめ役として働く。豊中に住むようになってからは、自営として工務店を始める。

スパーカブ(オートバイ)の後ろに大工道具を積み朝早くから夜遅くまで毎日働いていた。若い頃は、仕事に厳しく、人の2倍の仕事をしていた。人が1件の住宅を仕上げる頃には、倍の2棟を完成させていた。仕事は丁寧で評判であった。今も、その片鱗が見える。とにかく仕事が早い。

会長は、あまり多くを語らないが「ちゃんとせなあかん」が口癖でとても責任感が強い。昔から住んで喜んでもらえなければ、家を建てる意味はないという。

それが、証拠に多くのお住まいいただいたお施主様と今でも交流がある。「会長でないとダメ」といっていただける。

現在は、主に造作の家具や部材を加工している。そして、いろんな仕事のアドバイスをしていただいている。木材加工の図面や、各部の納まりなどは社員が交代で会長に聞きに行くほどだ、「迷ったときは会長に聞こう」が社内の合い言葉です。

趣味は、65歳から始めた釣り 初めての釣りがなんとニュージーランド、最高のビギナーズラックで70cmのレインボウトラウト(ニジマス)を釣り上げこの道にはまる。研究熱心な会長は、今では釣りの腕前は一流だ、たまたま釣りに行ったときやっていた釣り大会にその日に飛び入りエントリーし優勝をかっさらってきた、圧巻である。また、最近はiPhoneにはまっている。

家つくりに関してチャレンジ精神は旺盛で無添加住宅の精度、施工性があがったのも会長のおかげである。

一覧へ戻る