BLOG

小寺 潤 小寺 潤

見たことがないもの

2023/08/31(木) 日々のこと広報・企画

みなさんこんにちは!

まだまだ暑い日が続きますが、夏バテなどされていないでしょうか?

私は少しバテ気味ですが、しっかり食べて残暑も乗り切ろうと思います!

 

さて、先日さつまホームの本社事務所がある箕面市今宮の街中を歩いていると。。。

なにやら妙な植物を見つけました。

池のほとりに群生しているんですが、この写真だとまだわからないですよね(笑)

 

もっと寄ってみると。。。

 

さらに近くまで行くと。。。

 

 

フランクフルトだ!

大好きなフランクフルトが生えてるっ!?

 

って思ったのは私だけでしょうか?(笑)

初めて見る植物だったので少しびっくりしながらも、じっくり見てしまいました。

 

すぐにスマホで「池 フランクフルト」のワードで調べてみると。。。一発ヒットでした(笑)

植物の名前は「ガマ」というらしいです。

池や沼などの水辺に多く生えているそうで、フランクフルトの部分は「穂」なので、種が入っているみたいです。

ちなみに、この穂に入っている種はおよそ35万個くらいあるんですって!(スゴイ!)

にぎると綿毛が出てくるみたいです。↓

大江町山里交流館「やまさぁーべ」さんHPより

 

あと、ガマは日本昔話の「因幡の白兎」の中で、嘘をついたウサギが皮を剥がされてしまい、ガマの穂を身に纏ってみると、元通りに治ったというお話でも有名みたいです。ウサギはこの綿毛を体に纏ったと思っていたのですが、ここでいうガマの穂とは綿毛の事ではなく、どうやらガマの花粉の事をさすそうですね。なんでも、ガマの花粉は蒲黄と呼ばれ、昔から傷薬に使われていたそうです。(やまさぁーべさんHPより)

 

 

いやー、身近にもまだまだ知らないことがありますね。

みなさんも、家の周辺を探索すると何か新しい発見があるかもしれませんよ。

 

 

ちなみに、このガマが生えてる場所のずーっと向こうに見えるのが、さつまホームで新しく分譲している土地です。

今宮2丁目になりますので、箕面市で土地探しをしたり、箕面市に住みたーいと思っている方はぜひ一度お問い合わせください。

1期の3区画は完売しましたので、次は2期販売4区画になります。北大阪急行の新駅まで徒歩圏内。すぐに売れてしまうと思いますのでご相談はお早めに。

 

 

記事一覧

1ページ (全407ページ中)

ページトップへ