スタッフブログ

あなたの空はどんな『アオ』?

土谷 倫司 土谷 倫司
2019/07/16(火) 日々のことイベント

『朝には海辺に漁りし夕されば大和へ越ゆる雁し羨しも』

朝には難波潟の海辺で餌をあさり、夕方になると大和へと山を飛び越えて帰ってゆく雁が羨ましい。

おなじみ万葉集から膳王 (かしわでのおおきみ)の歌一首。

 


うらやましい!
しゃしゃっと行って、しゃしゃっと帰って来れるなんて。

 

と、ゆーのもですね。

しばらく封印していたものがありまして。
えっと、釣りなんですが、久しぶりにやったらやっぱりおもろいんですわ。


えぇえぇ、

 

そりゃね、

 

もうね、

 

おもろいんですわ。

 

釣り全般好きで川も海も湖もザリガニもなんでもいける口です。
なんで最近は釣り色がとっても濃口な土谷です。

 

で、そんなこともあって
最近はお家でこんなの作ってます。

さつまホームスタッフブログ |  マテリアル鳥の羽

え〜っと、鳥の羽です。
これをですね。。。。。

(※今回、ここからかなりマニアックな内容なので読む人、がんばれ!)

さつまホームスタッフブログ |  アシストフックの作り方ダブル

ってな感じでまずは鉤、ダブルのアシストフックを作ります。

さつまホームスタッフブログ |  アシストフックの作り方シングル

さらに鉤、シングルのアシストフックを作ります。
さっきよりちょっと大きめ。

さつまホームスタッフブログ |  ボディのタイイング

体の部分を作っていきます。
なんか魚っぽく見えません?

さつまホームスタッフブログ |  シンキングミノーフライ仕立て

ハイ完成っと。
海釣り用のルアーですね。
釣れるかどうかはやってみないとわかりませんが、
釣れたらめっちゃ嬉しいだろうと。

 

もう、絶対釣れるよコレ!と。

 

『愛』と『夢』と『希望』を込めて作ります。

 

他にも

さつまホームスタッフブログ |  バルサ材のミノー

バルサ材なんかも使います。

 

さつまホームスタッフブログ |  カブラ

カブラとかも好きな大きさのが無いんで作っちゃいます。

 

仕掛けって結構高いんですよ。
数百円ぐらいですが、気づけば数千円になってること結構あります。
釣り具屋には魔物がいるから気をつけないとダメですね。
何度やられたことか、怖い怖い。

で、


節約の意味もあるんですが、
もっとこうならいいのにな。
ってことが多いのです。

針のサイズとか、長さとか。
ちょっとしたことなんですけどね。

私の場合、昔から無いものは作る!ってほうなので
作っちゃいます。
ってゆーか、作ることも楽しいんです。

このルアーのこっちから吸い込んで。。。
下からカブっときて。。。
こうやってヒラヒラキラキラで。。。
とか想像しながら作ってくんですけどね。
もう、ワクワクしかないでしょ。

クラフトマンシップとゆーかクリエイトしてることが好きなんです。
根っこがね。そうなんです。

 

そこで大事なのが想像力。


しっかりと具体的にイメージできることがとても大事。


なるべく最終の形をはっきりさせた方がいいです。
最終形が決まっていないと、途中で思いつき、
「あ、これいいかも」なんてのをどんどん足していくわけですよ。
そうするとほとんどの割合でろくなものにならない。

イメージを具体的にするのって結構難しかったりします。
じゃぁどうするかって?

たくさんの写真を見るんです。
なるべく多く。

その時はじっくりよりもたっぷりがいいです。
たくさん数を見ることで頭の中でだんだんと自分のイメージってのができてきますから。
前回も書きましたが、頭の中の引き出しなんですね。

さぁ、自分のイメージをしっかり想像できるように
今日もいろんなコトを体験し、
実際に自分の目で見てください!

 

 

さつまホームスタッフブログ |  空の蒼

あなたの好きな空の「アオ」は何色ですか?

 

 

 

 

お家づくりもまずは体験して自分の目で見ることが一番大事!

自分の好きな部屋や自分のかっこいい部屋、具体的に想像できますか?
さつまホームスタッフブログ |  イベントバナー

 

 さつまホームスタッフブログ |  スタッフブログ

 

 

あ、ちらっと写っているバイス。
またまたマニアック情報なんですが、フライフィッシングやってる人ならわかる
ダイナキング、往年の名機『サイドワインダー』です。
これ、もう29年使ってるんですが、まだまだ現役。
孫の次の代まで延々と使えるぐらいの頑丈さと精度の高さ。
当時、現金書留で大枚はたきましたが、いや〜いい買い物でした。

 

記事一覧

1ページ (全317ページ中)

ページトップへ