新築住宅を購入したい|理想の玄関を作るためのポイントとは

「せっかく新築住宅を建てるのであれば、こだわって建てたい」
「玄関は使いやすくて、良い雰囲気の場所にしたい」
こういった思いをお持ちの方もいらっしゃると思います。
玄関は多くの人が失敗したくないと感じるポイントですが、一方で後悔する方も多いポイントでもあります。
お客さんを迎える場所でもあるので、後悔はしたくないですよね。
そこで今回は、新築住宅で理想の玄関を手に入れるための方法に関して解説します。

□新築で理想の玄関を手に入れる方法

*収納設備を充実させる

アンケートの結果にもあったように玄関の収納スペースは多くの人にとって重要なポイントだと分かります。
例えば、子供が成長していくにつれて靴の数が増えて、収納スペースが足りなくなったり、靴だけでなく傘や長めのブーツ、玄関でよく使用する備品などを収納する場所がなかったりして不便を感じている方が多くいます。
玄関に収納するものは靴だけと考えてしまいがちですが、玄関に置くものは意外とたくさんあります。
そしてその靴や物の数や量は子供の成長や家族構成の変化によって大きく変動します。
余裕をもって収納できるようなスペースや設備を確保しておきましょう。

*セキュリティ対策を行う

空き巣被害や強盗など、他人事と考えていると自身の身に何か起きた場合対処できませんし、後悔しても遅いです。
最悪のケースを避けるためにもセキュリティ対策をしておくことはとても大切です。
最近では、誰が訪ねてきたのか、顔を見て判断できるテレビドアホンが人気になっています。
また、鍵が無くても施錠を開けるピッキングの技術も向上しているため、玄関の鍵もピッキングしにくい仕様の物にしておくこともおすすめです。

*機能性重視の照明にする

玄関の照明は実用性とおしゃれさを兼ね備えたものにしたいと考えている方も多いと思います。
例えば、夜遅くに帰宅したときに、スイッチの場所がわからないという経験をしたことがある方もいるでしょう。
そんなときに便利なのが人感センサーです。
人感センサー付きの玄関照明を導入している人は多く、現在とても人気になっています。
一方で、失敗したと感じる人が多いのは間接照明です。
実際使用するケースはあまりないという声が多く、掃除や靴ひもを結ぶには明るさが不十分なことが多く機能面での役割は期待できません。
玄関は見た目も大切ですが、照明は機能性重視で選択することをおすすめします。

*ドアは素材やデザインにもこだわる

玄関ドアは、外と内とを分ける役割だけでなく、家の印象を左右するパーツとしても重要です。
さまざまな素材があり、デザインも多様ですが、セキュリティー上の問題もあるので、見た目だけでなく、素材の特徴など考えて選択することが重要です。
また、家全体の雰囲気や玄関前のスペースなど全体を見て、使い勝手がよくデザイン的にも合うものを選ぶことも大事です。

*汚れることを意識してタイルを選ぶ

玄関タイルはグレー系やベージュ系、ブラウン系といったさまざまな色合いがありますが、基本的には汚れが目立ちにくいものにすることをおすすめします。
汚れたら掃除すれば良いものですが、すぐに汚れが目立つようだとそれだけこまめにお手入れをしなければなりません。
毎日の家事で忙しいのに、玄関の掃除を頻繁に行うのは大きな負担になりますよね。
玄関全体とのバランスを考えながら汚れにくい、もしくは汚れが目立ちにくいタイルを選びましょう。

□まとめ

住宅のこだわりは人それぞれですが、新築住宅を建てる際の玄関の設計には決めなければならないポイントが多数あります。
住宅を建ててから「もっとこうすればよかった」と後悔しないためにも、じっくりと検討する時間を確保するようにしましょう。

家づくりの進めかた|家づくりのマメ知識

ページトップへ