箕浦で注文住宅を購入したい|無垢フローリングの種類と特徴とは

「今、注文住宅の購入を検討していて、自由度の高い家の建て方を選択するのであれば、細部にまでしっかりとこだわりたい」

「無垢のフローリングがいいと聞いたことがあるけど、どのような点に魅力があって、対してどのような点に気を付けるべきなのかを知りたい」

 

このような思いをお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

自分好みに仕上げられる注文住宅は、皆さんにとって理想的な家の建て方かもしれませんが、その分考えなければいけない点も多いですよね。

 

その中でも無垢フローリングが気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、無垢フローリングの魅力と注意点に関して解説します。

 

 

□フローリングの種類

 

フローリングとは、基本的に木材系の材料が使われた床材のことを指し、これには大きく分けて2つの種類があります。

 

以下で、この2つに関して解説してきます!

 

*無垢フローリング

 

これは、1つの原木から切り出して作られた床材を指し、木が持っている本来の色や材質感、温かさを感じられます。

 

この素材は、お子さんの身体にも優しいと言われており、現在幼いお子さんをお持ちの方や、近々出産の予定がある方、子供の健康を最優先にしたいと考えている方には、おすすめです。

 

また、年月を重ねるごとに色合いが変化していくことが特徴で、時間の経過と共にその変化を楽しめます。

 

*複合フローリング

 

複合フローリングは、無垢フローリングとは違い、複数枚の木の板を接着剤で貼り付けた床材のことで、安価で大量生産されています。

 

また、複合フローリングには、突き板フローリングや回転する鋸(のこ)刃で切り出した厚みのある材を使用した、挽き(ひき)板フローリング、紙などのシートに木目柄や石目柄を印刷したシートフローリングがあります。

ちなみに、突き板フローリングは、木材を薄くスライスした、建材・家具などの表面化粧材に使われる素材です。

これらは、安価で張り替えの工期が短いなどの特徴があります。

 

 

□無垢材の特徴

 

無垢フローリングに使用されている無垢材は、一般的な材料と違って、高品質な印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、実際どのような特徴があるのか分からない方も多いと思います。

以下ではその特徴、メリットやデメリットを詳しく解説します。

 

*メリット

 

1つ目のメリットは、肌触りがいいことです。

毎日歩くフローリングの肌触りは、1番気にする点ではないでしょうか。

無垢材は、見ているだけでも優しい雰囲気を醸し出し、自然な香りがします。

また、この肌触りの良さは大きな特徴であり、メリットと感じる方も多いと思います。

また、先程もお伝えしたように時が経つにつれて、色が変わり、雰囲気も変わるため、その変化を楽しめるでしょう。

 

2つ目のメリットは、調湿性があることです。

無垢材は、空気を多く含んでいるので、保温性や断熱性が高いこと、湿気の多い季節は余分な湿気を吸収し、乾燥しがちな季節は排出する調湿作用があることが特徴です。

また、夏は素足で歩いてもベタベタせず、冬は静電気を抑えるのも魅力です。

さらに、柔らかい樹種であれば弾力性もあるので、足腰への負担は少なくなります。

 

湿度の変化が大きい日本では、調湿性がとても重要視されており、家の中を快適で過ごしやすい環境にしてくれます。

 

*デメリット

 

1つ目のデメリットは、傷やシミがつきやすいことです。

余分なコーディングは、木の本来の質感や雰囲気に害がありを損なわせてしまうため、無垢材には使用されておらず、その分ダメージを受けやすくなっています。

無垢材を使用する場合は、傷を1つの味わいとして考える必要があります。

 

2つ目のデメリットは、価格が高いことです。

複合フローリングと比べ、初期費用やメンテナンス代が高くなります。

木の種類によって、費用は様々ですが、費用は高くなる場合が多いことは理解しておく必要があります。

 

 

□まとめ

 

現在箕浦で注文住宅を検討中の方の中には無垢フローリングの使用を検討している方もいらっしゃると思います。

 

注文住宅の建設は何かと分からないことも多いでため、不安に感じている方も多いと思います。

そういった場合は、適切なアドバイスを受けるためにもぜひ一度専門家に相談してみましょう。

家づくりの進めかた|家づくりのマメ知識

ページトップへ