池田市で注文住宅をお考えの方必見|無垢フローリングのメリットとデメリットを紹介

池田市にお住みの方で
「注文住宅に無垢フローリングを用いたい」
と、お考えの方はいらっしゃいませんか。
無垢フローリングに憧れのある方は多いです。
無垢フローリングにはさまざまな特徴があります。
そこで今回は、無垢フローリングの特徴について紹介します。

□無垢フローリングのメリット

無垢フローリングにはさまざまなメリットがあります。
そのため、注文住宅にこだわりのある方が多く利用しています。
それらを把握することで、無垢フローリングの良さを最大限味わえるでしょう。

*温かみがある

無垢フローリングを用いると、床や部屋に温かみを演出できます。
無垢フローリングとは、天然木から作られたフローリングのことです。
そのため、自然の温かみを感じられるのです。
天然木で作られているため、同じ模様のフローリングはありません。
そのため規則正しいタイルよりも、見た目に温かみがあります。

*何年も楽しめる

一般的に注文住宅は、出来立ての頃が一番綺麗で楽しいです。
しかし、住宅には何年も住みます。
そのため、マンネリ化しない家に住みたいですよね。
無垢フローリングは、時間の経過とともに変化します。
特に、色合いの変化が顕著です。
そのため、マンネリ化せずに変化を楽しめます。
種類により変化の種類はさまざまです。
色が濃くなるものや、木目が際立つものなどがあります。
もちろん、新品の無垢フローリングも綺麗です。
しかし、住む期間と共に変化していく様子は魅力的です。

□無垢フローリングのデメリット

メリットの多い無垢フローリングですが、デメリットもあります。
デメリットも把握することで、後悔なくフローリングを選べるでしょう。

*傷がつきやすい

近年の注文住宅では人工の素材が多く用いられます。
それらには、さまざまな加工が施されています。
それにより汚れや傷に強くなります。
しかし、無垢フローリングには自然の素材を用います。
そのため、傷やよれに弱いということがデメリットです。
汚れや傷がつきやすい部屋にはおすすめできません。

*高価である

無垢フローリングは、自然の素材をそのまま用いています。
自然の木は採取できる量に限りがあります。
そのため、希少価値が高く、値段も高いです。

□無垢フローリングを選ぶ基準

無垢フローリングにはさまざまな種類があります。
そのため、無垢フローリング選びで困る方もいらっしゃるのではないでしょうか。
無垢フローリングを選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。

*大きさで決める

無垢フローリングには、大きさで決めるという方法があります。
一般的に注文住宅では15ミリメートル程度の厚みのものが用いられています。
また、無垢フローリングにはさまざまなサイズがあります。
無垢フローリングは大きさが違うだけで雰囲気が大きく異なります。
幅が大きく長さが長いものを用いると部屋に高級感が生まれるでしょう。

*硬さや暖かさで決める

無垢フローリングを硬さや温かさで決めるという方法もあります。
例えば、針葉樹と広葉樹の木では硬さや温かさが異なります。
柔らかい樹脂は空気の層が多いです。
そのため、温かみのあるフローリングになります。
部屋の床はあたたかい方が快適です。
しかし、硬く温かみで劣る無垢フローリングにもメリットがあります。
硬い無垢フローリングは耐久性が高いです。
無垢フローリングは、部屋の用途により使い分けをしましょう。

□まとめ

今回は、無垢フローリングの特徴について解説しました。
無垢フローリングにはさまざまな特徴がありました。
また、決め方にもいくつかのポイントがありました。
自分が何を優先したいかを考えることで、決断しやすくなります。
メリットやデメリットを理解して、注文住宅で後悔しないようにしましょう。

家づくりの進めかた|家づくりのマメ知識

ページトップへ