新築の間取りの成功例について豊中の業者がご紹介

「新築の間取りの成功例について知りたい。」
新しい家を考える際には、間取りについて悩むかもしれません。
滅多に経験しないことですし、費用もかかりますので、事例を知っておきたいものですよね。
そこで今回は、新築の間取りの成功例について豊中の業者がご紹介します。

□豊中の業者がご紹介、新築の間取りにおける成功例

*押し入れやリビングクローゼットなどの収納面を充実させる

収納スペースが狭くて苦労する事例はよく挙げられます。
間取りを考えるときには、部屋のことに意識集中して、収納はあまり考えずに決めるかもしれません。
たしかに最大限部屋を有効に使おうと思うと、どうしても収納場所を削る必要がありますよね。
しかし、収納できずに部屋にものがあふれてくると、快適さも下がります。
そのため、収納場所も部屋と同じ優先順位で間取りを考えることが大切です。
たとえば、リビングクローゼットは居間や食事場所で使うものを収納するために設置します。
リビングでは多くの作業をしますから、余裕を持った確保が必要です。
また、最近は数こそ減っていますが、和室を一つは設けようとお考えの方も多いと思います。
この場所も使うものに沿ってどの程度の押し入れにするかを考えましょう。
そして、玄関も収納に注意を払っておきたい場所です。
靴にとどまらず、家に上げられないものもあるかもしれません。
それらを一時的に置いておく場所が確保されていると玄関が整頓された印象を受けます。
また、収納の上にインテリアや雑貨を飾るとよりおしゃれな空間にできます。
お客様だけではなく、ご自身も入ったときに快適さを感じられるでしょう。

*動線を意識して部屋の配置を考える

家の使いやすさで大きな影響を与えるのが、行き来の少ない部屋の配置であるかです。
行き来が面倒に感じると快適にも過ごせませんし、使わなくなると本末転倒でしょう。
そういった失敗を避けるためには、家事動線を意識して配置を考えることがおすすめです。
家事動線は、生活の中でも行き来が多い動線を指します。
たとえば、キッチンであればシンク・コンロ・冷蔵庫の三つは良く行き来する場所です。
また、洗濯機・ベランダなどの物干し場所・クローゼットは衣類関係でよく行き来しますよね。
毎日同じような動きをすると考えると、距離が長いのはストレスが溜まりやすいです。
このような生活でよくある動きを想像して、距離が短い部屋の配置を考えましょう。

*業者選びを慎重に行う

業者選びに関しては、紹介された会社にそのまま決める方もいらっしゃるかもしれません。
全く知らない業者よりも誰かの評価が出ている方が安心できるでしょう。
また、時間をかけて探すのは面倒かもしれません。
しかし、評判の良いところがご自身にとって最善の相手とは限らないものです。
なぜなら、ご自身の建てる家に似た工事は精通していないかもしれませんし、相性も関わってくるからです。
そこで、業者は必ず複数を比較して決めましょう。
金額はもちろんですが、説明の丁寧さや施工経験の豊富さなどから決めるのがおすすめです。
特に、間取りの相談をして、似た工事を経験しているか、納得できる提案がもらえるかも判断していくのが良いでしょう。
何度も話を深め合い、比較して決めた業者は安心感が違いますし、お互いの信頼も深まっていきます。

□まとめ

今回は、新築の間取りの成功例について豊中の業者がご紹介しました。
間取りを成功させるためには、収納や動線を意識して考えていくのが大切です。
また、業者によっても得意な工事が異なります。
いくつか候補を選定して、過去の施工経験や話し合いの中から、間取りをうまく形にできそうな相手を選びましょう。

家づくりの進めかた|家づくりのマメ知識

ページトップへ