池田市で注文住宅をお考えの方必見|間取りの決め方について解説

「注文住宅の間取りの決め方がわからない」
とお困りの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅の間取りで失敗してしまう方は多いです。
注文住宅の間取りの決め方にはポイントがあります。
ポイントを知ることで注文住宅の間取りが決めやすくなります。
そこで今回は、間取りの決め方のポイントについて紹介します。

□注文住宅の間取りを決める際のおすすめ

注文住宅の間取りを決める際のポイントはさまざまです。
その中でもおすすめの方法を紹介します。

*収納を先に決める

間取りを決めるポイントの一つに、収納を優先して間取りを決めることがあります。
収納は間取りにおいて失敗しやすい点の一つです。
間取りで失敗しないためには、収納に十分なスペースを準備する必要があります。
そのため間取りを決める際には、収納を優先して決めることがおすすめです。
収納の数は、今住んでいる家の収納を参考にすればうまくいきます。
今住んでいる家の収納が足りないと思う方は、今の家よりも収納を増やしましょう。

*水まわりを一緒に決める

水まわりを一緒に決めることも、間取りを決めるポイントの一つです。
間取りを決める際に、水まわりは注意の必要な部分です。
なぜなら、水の流れる音は生活の邪魔になることがあるためです。
例えば2階にトイレを設置した場合、その真下の部屋にある部屋に排水音が響いてしまいます。
排水音の影響を考えた間取りを心がけましょう。

□注文住宅の間取りを決める際の注意点

注文住宅の間取りは失敗しやすい点が多いです。
失敗しないための注意点が多くあります。

*コンセントの配置についての注意点

コンセントの配置は間取りで失敗しやすい点の一つです。
家での生活にコンセントは必要不可欠です。
家電を動かすために用いるのはもちろん、スマホやパソコンにも多くのコンセントを必要とします。
そのため、コンセントで失敗してしまうと、生活が不便です。
コンセントの配置は、実際にコンセントを用いる場面を想像しながら考えると、失敗しにくいです。
例えば、キッチンにはさまざまな家電があります。
実際にいくつの家電を、どこで用いるかを考えれば、コンセントの数や位置で失敗しにくくなります。
また、スマホを充電する場所を、リビングや寝室に配置するのを忘れないようにしましょう。

*吹き抜けに関しての注意点

吹き抜けに憧れる方も多いと思います。
しかし、吹き抜けにも注意点があります。
吹き抜けを作ることで、空調が効きにくくなる点です。
一般的に空調は床の広さを基準に出力が決まります。
しかし吹き抜けがある場合、普通よりも部屋が広くなってしまいます。
吹き抜けを作る場合は、空調の機能まで注意しましょう。

□既存の間取りを参考にする

間取りを決める際は、既存の間取りを参考にすることもポイントの1つです。
注文住宅の間取りを決めるには、さまざまなポイントがあります。
そのため、間取りを決める際には迷うことが多いです。
間取りで後悔しないためには、納得がいくまで何度も考える必要があります。
しかし、自分だけで悩んでいてはなかなか納得のいく間取りにはならないことが多いです。
そのため、間取りを決める際には、専門家に相談することがおすすめです。
また、その他にも既存の間取りを参考にすることもおすすめです。
インターネットで調べれば、さまざまな事例を確認できます。
既存の間取りを参考に、後悔のない間取り作りをしましょう。

□まとめ

今回は、間取りの決め方のポイントについて紹介しました。
注文住宅の間取りにお困りの際は、この記事を参考にしてみてください。
また、当社では池田市を中心に注文住宅の設計・施工を行っております。
自然と人との共生をモットーに家づくりを行っております。
注文住宅のご購入をお考えの方は、ぜひ当社もご検討ください。

家づくりの進めかた|家づくりのマメ知識

ページトップへ