豊中で新築をお考えの方へ|外観でよくある失敗とその対処法を解説します!

「新築を建てようと考えており、外観で失敗したくない…」
「外観で失敗したくないので、事前に失敗例や対処法を把握しておきたい!」
そのような思いをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
新築を建てるときは、外観にもこだわりたいですよね。
しかし、新築での外観デザインで失敗する方は、多くいらっしゃいます。
そのため、事前に失敗例や対処法については、知っておきたいものです。
そこで今回は、豊中で新築をお考えの方へ、外観でよくある失敗とその対処法を解説していきます。

□外観でよくある失敗とその対処法とは?

新築の外観は、多くの方にとってこだわりたいポイントになると思いますが、失敗する可能性も少なからずあります。
失敗は成功のもとという言葉があるように、事前に外観の失敗例を把握しておくことで、成功に結び付けられます。
では、実際に新築での外観の失敗例には、どのようなものが挙げられるのでしょうか?

*予算を抑えるためにひさしを設けなかったため、暑さと雨に苦しんだ

新築の家の庇には、日よけや雨よけの効果があります。
特に、家の南側にリビングがあると、庇がないことで窓から直接日光が入り込み、夏場はとても暑くなってしまいます。
また、庇がないと、雨で窓が汚れやすくなったり、降り込みやすくなったりしてしまうのです。
これらのことから、予算を抑えたいといっても、庇を設けないのはおすすめできません。
対処法としては、庇以外の場所で予算を抑えるか、施工業者と相談して庇の形やサイズを決めるようにすると良いでしょう。

*外壁の色が、近隣の方と被ってしまった

人気の外壁の色だと、近隣の外壁の色と被ってしまうことも少なくありません
もし、外壁の色が被ってしまうと、お客様を家に招待するときに、別の家に行かれてしまうこともあります。
また、似たような家になってしまったりするのは嫌と思う方もいらっしゃると思います。

対処法として、新築を建てる際に、外壁のサンプルだけを見て考えるのではなく、近隣の外壁の色を確認しておくと良いでしょう。
一方で、極端に派手な色の外壁にした場合、周りとの景観が損なわれてしまうと苦情を言われてしまう可能性もあります。
よって、外観デザインは、周りとの景観にできるだけ馴染むものにすることをおすすめします。

*玄関の位置や向きで失敗した

新築での玄関の位置や向きは、色々と考えさせられるものです。
例えば、家の前に道路があるために、家の中を見えにくくするため、向きを隣の家の方向に設置したが、結果的に隣の家のリビングの向きになってしまったという失敗例があります。
新築を建てた後、人にもよりますが、近隣の方の目を気にしたり、神経質になったりと気を使ってしまいがちです。
よって、新築での玄関の位置や向きを決める際には、近隣の住宅の窓の位置やリビングの向きなどを事前に確認しておくことをおすすめします。
また、対処法として、フェンスなどを自宅と隣の家との間に設置すると良いでしょう。

□豊中で新築をお考えの方へ

やはり、新築で家を建てられる方にとっては、家づくりにおいて悩まされることがたくさんあると思います。
特に、外観は、周りから見られるものとなるので、失敗はしたくないですよね。
私達、さつまホームでは、家づくりで分からないこと、悩んでいることを解決できる「家づくり無料相談会」行っています。
もし、豊中で新築をお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度さつまホームまでお気軽にご相談ください。

□まとめ

今回は、豊中で新築をお考えの方へ、外観でよくある失敗とその対処法を解説していきました。
誰しも新築の外観は、こだわりたいものです。
今回ご紹介した外観でよくある失敗とその対処法を参考にして、より良い家づくりをしてくださいね。

家づくりの進めかた|家づくりのマメ知識

ページトップへ