コンパクトな30坪の間取りが人気!池田市で注文住宅をお考えの方へご紹介します!

30坪の注文住宅の間取りについて知りたい方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
30坪と聞くと、あまり広く感じないと感じられるかもしれません。
土地を購入する際にはその土地の広さのイメージや間取りのプランまでを考えて、検討したいですよね。
この記事では30坪の注文住宅の間取りについて解説していきます。

□30坪の広さを具体的に説明

30坪とは具体的にどのくらいの広さがあるのでしょうか。
正確なサイズについて解説すると、一坪は3.30578平方メートルの面積です。
そのため、30坪であれば、99.1734平方メートルの面積という計算になります。
約100平方メートルもあるので、思っていたよりも大きいと感じられるのではないでしょうか。

基本的に、一坪はだいたい二畳分の大きさだとイメージしておくと覚えておきやすいでしょう。
つまり、30坪の注文住宅の場合は、60畳分の広さを有していると考えられます。
今お住いの住宅はどのくらいの広さなのかを比較すると想像がつきやすいでしょう。
比較した際に、どのくらいの部屋数を作れるのか、2階もあると考えたらどのような間取りにできるのかを考えてみてくださいね。

□建築面積が30坪の場合と土地面積が30坪の場合は違う

先述したように、一坪は3.30578平方メートルなので、30坪の場合は99.1734平方メートルの面積だと計算できます。
一方で、建築面積における30坪と土地面積における30坪は違うということに注意しておきましょう。

みなさんは建ぺい率という言葉をご存知でしょうか。
建ぺい率とは、どのくらいの土地の面積があり、そこにどのような建物を建てられるかを決める割合のことです。
建ぺい率は法律によって明確に定められているので、必ず守って建てましょう。

土地が30坪の場合に住宅を建てられる広さは79平方メートル程度までです。
建物の面積が79平方メートルの広さの場合は、3LDKくらいの間取りになるでしょう。
3つの部屋は6〜7畳くらいの大きさだとちょうど良いくらいの間取りになります。
収納もある程度は用意できます。
また、土地が30坪の場合でも、駐車スペースはきちんと確保できるのでご安心ください。
自転車を置くようなスペースも取れるので、お子さんのお友達が遊びに来ても大丈夫です。

では、建築面積が30坪の場合はどのような間取りになるのでしょうか。
建ぺい率を踏まえると、30坪以上の大きさの土地を購入することになります。
さらに、住宅に使う建材の量も多くなるので、費用はさらに高くなることが考えられます。

30坪の建築面積の場合は、6〜7畳程度の大きさの部屋が4つと広めのLDKの間取りにできます。
お子さんが増える予定があったり、旦那様が書斎を欲しがっていたりする場合にはかなり満足できるでしょう。
全体的に広々とした間取りにできるので、ゆったりとリラックスできる住宅が欲しい方にはおすすめです。

□30坪の注文住宅を建てる場合にはどのくらいの予算が必要なのか

では、実際に30坪の注文住宅を建てる際にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
一般的に、業者に30坪の注文住宅を依頼すると建物の部分で1900〜2500万円程度はかかると言われています。
坪単価は50〜65万円程度です。
ローコスト住宅の場合はこの目安の金額よりも安く依頼できるでしょう。
ただし、この費用は建物の部分のみで、土地の費用や諸費用が別途かかるため、様々な費用を考慮しておく必要があります。

では、注文住宅を建てる際には他にどのような部分に費用がかかるのでしょうか。
大きな割合をしめる費用として、土地代が挙げられます。
注文住宅を建てた方が土地を購入する際にかけた費用の平均相場としては、大阪府は1800万円程度、東京都は3300万円程度、石川県は1000万円程度です。
全国的に大阪府の土地の費用は高い方なのですが、場所によっては安いところもあるので、一概にどのくらいの価格というのは言えません。
少なくとも1000万円以上はかかると考えて予算のプランを立てるとよいでしょう。

他には、仲介手数料やローン申込手数料などもかかります。
土地探しは一人で行おうと思うと、非常に難しいです。
そのため、不動産会社や注文住宅会社の方に依頼することが多いのですが、その際に手数料を支払う必要があります。
これらの費用がかかることも覚えておきましょう。

また、購入費用だけでなく、税金も支払う必要があります。
土地を購入した時にかかる不動産取得税や固定資産税などが代表的な税金です。
これらを踏まえると、ただ単に住宅を購入する費用を支払うだけではなく、他にも様々な費用がかかることを実感できると思います。
実際に注文住宅会社に依頼する前に、それぞれの費用について詳しく確認してみましょう。

□30坪の注文住宅で理想的な間取りを実現するためのポイント4選

では、30坪の注文住宅を建てる際には、具体的にどのようなポイントを押さえておけばよいのかを見ていきましょう。

*生活動線をしっかりと考えよう

これから生活していく中で、考えた間取りで家族がどのように動くかをイメージしておきましょう。
朝の時間帯は混雑しやすいので、それを踏まえて考える必要があります。
例えば、トイレが一箇所しかないと、朝に急いで使用したい場合に困ってしまいます。
設備が使いやすいかどうかだけでなく、行き来がしやすいかどうかや準備を素早く行えるかどうかも確認しておくとよいでしょう。

*将来的な家族構成のプランも意識しておく

現在の家族構成だけでなく、将来的にどのような家族構成になるかも考えておくとよいでしょう。
例えば、これからお子さんが増える予定や、お子さんが将来的に独立して家を出ていきそうだといった様々な事情があると思います。
部屋が足りないという問題だけでなく、部屋が余ってしまうという問題が生じるかもしれません。
様々な影響があることを踏まえて、どのような間取りがベストなのかを考えるとよいでしょう。

*家事がしやすくなるように水回りの場所を一箇所に集めよう

水回りの場所を集中させることには2つのメリットがあります。
まずは、給排水管が近くになるため、建築費用を抑えられることがメリットとしてあげられます。
管を伸ばした分だけ工事する際の手間や材料費がかかるため、費用は上がる傾向にあります。
そのため、給排水管が近くになるように水回りの場所を近くに集めましょう。

また、水回りを近くに集めることで家事がしやすくなることもメリットです。
夜ごはんを作りながらお風呂を沸かしたり、洗濯機とシンクを行き来しながら洗濯と食器洗いを並行して進めたりしやすいので、かなり時短につながるでしょう。
家事が忙しくて自分の時間が取れないという方は必ず押さえておきたいポイントですね。
自分がどのように家事をこなしているのかを把握して、それに合わせて動きやすいように水回りを配置しましょう。

*広く感じるような工夫をしよう

30坪の住宅はやや狭く感じることがあるかもしれません。
そのため、窓の大きさや家具の配置、吹き抜けなどの様々なポイントで空間的に広く感じられるような工夫をすると良いでしょう。
玄関やリビングを吹き抜けにすると、部屋が明るくなり、開放感がとても強くなります。
また、収納家具が多いと部屋が狭く感じてしまうかもしれないので、壁に取り付けられる棚や床下収納などを活用すると良いでしょう。

□まとめ

30坪の注文住宅の間取りについて知っていただけたでしょうか。
これらを参考に30坪の注文住宅を建ててみましょう。
住宅に関するご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

家づくりの進めかた|家づくりのマメ知識

ページトップへ